発達障害だと思っていたら、愛着障害だった私の話

過去のしくじりをメインに、興味のあることを綴るブログ

非正規雇用は家を借りられないなんて嘘だし、引っ越しのベストな時期は夏である

引っ越しをすることにしました。

一週間前には全く考えていなかったことです。

 

思い切りがよくて自分でもビックリ!

 

十年くらい前は、非正規雇用だと不動産屋さんへ行っても相手にされませんでしたが今は違います。あの頃は敷金礼金二か月分ずつが当たり前でしたが、今は敷金のみ一か月分という物件も増えました。需要と供給のバランスが崩れて、供給過多になっているせいでしょう。借り手としては嬉しい限りです。

 

現在は雇用形態が何であれ、定期的に収入があることが審査の基準になるようです。

 

また、夏以降は閑散期に入るので、今の時期に賃貸契約をさっさと結んでしまいたいと焦る大家さんが多く、礼金ゼロ物件が増え、家賃の値下げ交渉もしやすいそうです。初期費用が安く済むため、引っ越しにベストなタイミングは今!夏なのです。暑い中での内見周りはしんどいですが、それに見合う価値はあります。

 

内見時、疎かにしやすいけど非常に重要なことは、壁の薄さチェックです。実は今回私が引っ越す理由でもあります。

 

現在住んでいるアパートは鉄筋コンクリート造のくせに部屋同士の壁が手抜きなのか、携帯のバイブ音やコンビニのガサガサ音はもちろん、会話も全て筒抜けです。

 

不幸にも、隣人が野次馬根性丸出しの暇人なら貴方のプライベートはありません。ご愁傷様です。

 

内見時に「おかしいな?」と思ったのは、声がやたらと反響することでした。また、壁をコツコツ叩くとトイレの扉みたいな軽くて高い音がします。けれども「鉄筋コンクリートだし、大丈夫だろう」と自分に言い聞かせ、契約を結んでしまいました。バカですね。思い違いだったのは引っ越し初日に判明するわけですが。

 

早く引っ越したーい。

新居はペット可なので、捨て猫や捨て犬のお世話が心置きなくできるぞー!

人生で一度も会ったことありませんけど…。