発達障害だと思っていたら、愛着障害だった私の話

過去のしくじりをメインに、興味のあることを綴るブログ

主食だけ小麦粉抜きの簡単グルテンフリーダイエットを始めて二週間経った話

始めた当初は小麦粉恋しい発作が起きるかと危惧していましたが、それほどでもありませんでした。米粉パンケーキのおかげかもしれません。

 

なお、米粉で作るうどんは不味かったです。

米粉で作るパスタは材料(タピオカ粉、長芋)を揃えましたが腰が重く、挑戦していません。

また、麺類の代わりに出来るほど白滝は美味しくありません。

 

麺類をどうしても食べたいときは、タイ料理のお店でフォーを注文したり、スーパーでフォーの乾麺を購入しています。トムヤムクン大好き。

 

日本でもグルテンフリーがもっと浸透すればいいのにな、と思います。

 

さて、グルテンフリーダイエットを始めた目的である、『睡眠時間が短くなること』と『頭が良くなること』の効果はあったのでしょうか?

 

答えは…。

 

 

 

よく分かりませーん(笑)。

 

最近はなぜかひたすら眠くて、早起きして日経を読む習慣がなくなりました。以前よりむしろ睡眠時間は増えています。

 

また、『最近の私はクレバーだわ!』とも思いません(笑)。

 

人によっては小麦粉を抜くことによって、だるさやむくみが取れて体が軽くなり、冷え症が改善されるそうで、私の場合は、むくみが軽減されたような気はしますが、寝起きはだるいし、冷え症のままです。職場ではひざ掛けが欠かせません。

 

我が家には体重計がないので、ダイエット効果があるのかは不明です。なお、服がゆるくなった、という感覚はありません。タイトスカートは相変わらずタイトなままです。

 

うーん、小麦粉アレルギーではなかった、というだけの話かな?

 

劇的に変わるかもと期待していたので残念です。

まぁ、しばらく続けて様子を見ますけど。