発達障害だと思っていたら、愛着障害だった私の話

過去のしくじりをメインに、興味のあることを綴るブログ

しくじり人生

職場の嫌われ者、仕事が出来ないYさんと昔の私はそっくりだ。今の私と何が違うのか考えてみた話

現在の職場に『今まで会ったことがない』と周囲が評するほど社会性ゼロのモンスター社員がいます。 私も彼女の非常識な言動に眉をひそめつつ、『昔の私と似てるな』と同族嫌悪の感情を抱いています。 彼女の特徴は ・自分を客観視できない ・責任感がない ・…

【しくじり人生④】 大学デビューした結果、上手く行かなくて中退するほど追いつめられた話

一年の浪人生活を経て、東京にある私立大学の文学部に合格し、晴れて大学生となったぐみさん。実家を出て、ひとつ上の姉と23区内で二人暮らしをすることになりました。 新しい場所には、ぐみさんのことを知っている人は上京組を除けば誰もいません。 そこで…

【しくじり人生③】 貴重な3年間を無気力に過ごし、何者にもなれなかった高校時代

家から近い、第一志望の公立高校に無事に合格し、晴れて高校生となった十数年前のぐみちゃん。 悲しいことに、びっくりするくらい何の思い出もありません。部活は幽霊部員だったし、夏休みのような長期休暇は誰とも遊びに出掛けず、引きこもって同じテレビゲ…

【しくじり人生②】 周囲の変化についていけず、立ち往生した中学時代

【前回のあらすじ】 ニコイチの母と姉は、ストレスの矛先をぐみちゃんに向けます。父も面白がって便乗し、三対一という地獄のような日々を過ごしていましたが、小学校六年生に上がった時、家庭内の状況が一変します。 それは、年子の姉の中学入学です。 部活…

【しくじり人生①】 小学生の頃から、嫌われ者という悲しい役割を始めました

インナーチャイルド(愛着障害)の治療のひとつに、子どもの頃のイメージ画を描くというものがあります。 私が描いた絵を文章で説明すると、『一階建ての一軒家を縦に二等分し、左の部屋は明るく、父母姉が三人で楽しく談笑しており、右の部屋は暗く、ベッド…